プレミアムブランド_OLD pemium sake

日本ではお米や水のフレッシュさ、
新鮮な香り、そして荒々しい雑味
という特徴がある新酒が好まれ、
古酒は一般的に敬遠されがちです。

しかし、ワインのようにじっくり
寝かせ熟成させた古酒は、長期間
保存させることにより生まれる
深い色合い、きめ細かな味わい、
ふわっと広がる香りが特徴です。
長期間保存させる日本酒は、熟成
古酒(古酒、長期熟成酒)と呼ば
れており、まるでワインのヴィン
テージのように、洗練された
味わいを楽しめます。
日本酒は期間をかけてじっくりと熟成
させることによりお酒の中の酵素が
働き、その結果、雑味が消えて味が
どっしりと安定してきます。
特に純米酒などはお米だけを原料と
しており、よりお米の風味、香りが
醸し出され、米本来の味を楽しむこと
ができるため、古酒は新酒に比べて
どれも奥深いと言えます。

日本酒が美味しく飲める期間は、製造
されてからだいたい1年程度として
いますが、実はそれ以上の期間が過ぎ
ても日本酒を楽しめます。
また、長期間保存させることにより
まるでワインのヴィンテージのように、洗練された深い味わいを楽しむことも
できます。 






ホーム | ショッピングカート 特定商取引法表示 | ご利用案内