the sakeraku. | kurajo. 男の辛口酒 No5 澤田酒造

 女性蔵元 澤田 薫氏
愛知県知多市にある澤田酒造で蔵元を務める澤田薫氏。2015年10月、お父さまの研一さんから引き継がれました。知多は元禄十年ごろから江戸への出荷が始まり、酒の一大産地へと発展していきました。
嘉永元年(1848年)創業。瀬戸や信楽など日本六古窯のひとつとして最古、最大を誇る陶都の愛知県一宮市常滑で酒造りを行っています。 常滑焼を生んだ、職人の町で、蔵人たちの熱い心が今に息づく、伝統の酒蔵がここにあります。

現在も、昔から良いと言われたこと、良いと言われた道具を守り伝えながら、 基本に忠実にお酒を造っています。特筆すべきは、全量のお酒をこの方法で造っていることです。大吟醸から普通酒まで、すべて昔ながらの製法で酒を醸しています知多の酒らしく、しっかりと米の旨さを出し、濃醇でありながら、一切雑味を出さないようにするには、古いけれど伝統の方法が一番と考えています。「赤味噌、たまり醤油」の食文化圏の地酒として、きき酒のための酒ではなく、料理を引き立てる食に寄り添ったお酒でありたいと願っています。

澤田酒造では、2kmほど離れた知多半島の中央丘陵部の湧き水を、江戸時代から私設の水道でひいて使用しています。お酒の中の80%以上は水であること、また、発酵に大きな影響を及ぼすことから水は大変重要な要素です。すなおな軟水で、ふくらみのある、まろやかな酒質をつくりだしています。

現在は多くの蔵で連続蒸米機が使われていますが、澤田書酒造では「甑(こしき)」という昔ながらの木製の大だるを用いて、その米その米にあった最適な蒸しを行い“外硬内軟”を心がけています。熱い米を甑の中で手作業で掘るのは大変な作業です。しかも、それをたった一人で行っていますから、その苦労は計り知れません。この甑をはじめ、昔から受け継いできた道具をどうやって使い続けていくか、これが今後の課題。

澤田薫氏は取締役社長として、蔵人として、知多半島の風土に根付き、米の旨みを大切にいかした料理をひきたてる酒を造るため、基本に忠実な酒造りを通じて品質第一に歩んでいます。
商品名:男の辛口酒 No5_澤田酒造_純米酒/内容量:720ml/米(国産)、米こうじ(国産)/原材米:富山県産五百万石100%使用/精米歩合:60%/日本酒度:+9.0/酸度:1.8/使用酵母:協会7号/アミノ酸度:1.5/アルコール度:15度以上16度未満/製造元:澤田酒造株式会社
the kurajo. 男の辛口酒
No5 澤田酒造 純米酒(720ml)
2,392 円(税込)
ご購入はこちらから
シリーズ一覧





ご注文について

〈お届け〉
お届け日、時間帯は
指定できませんのでご注意ください。

〈送料〉
ご購入セット数により
送料が異なりますのでご注意ください。

949円〜の送料(北海道、沖縄除く)で
 お届けします。
◎送料を含めた最終金額をご購入後、
 メールにてお伝えします。
◎北海道、沖縄は+560円の別途送料がかかります。
 離島などお届けできない地域がございます。
◎常温でお届けいたします。

〈お支払い〉
クレジットカード、銀行振込、代金引換が
ご利用いただけます。

◎ご依頼主様とお届け先が異なる場合は
 クレジットカード払い、銀行振込を
 ご指定ください。
◎お支払い方法については、
 ショッピングガイドをご覧ください。



Powered by おちゃのこネット