the sakeraku. | WAZA SPARKLING 瓶内二次発酵 にごり やまだ

 蔵元やまだ 岐阜県八百津 
明治元年創業以来「喉ごしが良く、飲み飽きのしない酒、甘い辛い、淡麗濃醇ということに関係なく、とにかく長く付き合える酒」を理想として酒を醸し続けています。木曽川水系の上流から天然の水が流れ込む伏流水を、堀井戸で汲み上げており、仕込み水にもなっています。
「蔵元やまだ」のある所は旧名で「玉井」といわれ、これは 「玉の井戸」からつけられた地名です。堀井戸から汲まれた水は、仕込み水にもなっています。
明治元年創業以来この地で、「喉ごしが良く、飲み飽きのしない酒、甘い辛い、端麗濃醇ということに関係なく、とにかく長く付き合える酒」を理想として酒を醸し続けています。最近、食文化において「顔が見える」「安全だ」という考え方が定着してまいりました。何処で、誰が、どの様にして作ったかが解らないものより、身近なもので「顔が見える」食品を…と言う声は各メディアを通し拡大しています。そこには価格競争を重視するための農業の大量生産化、海外依存度の高さが上げられると思います。 大量生産を追及するため色々な薬剤(農薬、化学肥料など)を使用し、コストだけで海外のものに依存した結果ではないでしょうか。そんな中で国産のお米を使い、古来より伝わる水を使い、その土地の環境によって育まれ醸し出される「日本酒」、古事記の時代より日本人に最も親しまれ、あまりにも身近すぎて気がつかない「日本酒」。
まさに日本酒の文化は「顔が見える」「安全だ」と言う現在の食文化にぴったり当てはまります。
 
蔵は母親の胎内に似ています。大切な子供を外界から守るように、生まれたての酒をそっと見守り、発酵を助け、時が止まったような永い熟成という眠りの中で醸されるのです。蔵はいつも同じ表情で周りの変化を見つめています。創業以来、変わらぬ蔵、道具を現代まで受け継いでいます。
品名:純米酒(生酒)/内容量720ml/原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)/原材米:100%ひだほまれ使用/精米歩合:67%/日本酒度:-24/
酸度:3.6/アミノ酸度:1.0/アルコール分:13度/製造元:蔵元やまだ
WAZA SPARKLING YAMADA
瓶内二次発酵 甘口(720ml)
2,367 円(税込)
ご購入はこちらから
ご注文について

〈お届け〉
お届け日、時間帯は
指定できませんのでご注意ください。

〈送料〉
ご購入セット数により
送料が異なりますのでご注意ください。

949円〜の送料(北海道、沖縄除く)で
 お届けします。
◎送料を含めた最終金額をご購入後、
 メールにてお伝えします。
◎北海道、沖縄は+560円の別途送料がかかります。
 離島などお届けできない地域がございます。
◎常温でお届けいたします。

〈お支払い〉
クレジットカード、銀行振込、代金引換が
ご利用いただけます。

◎ご依頼主様とお届け先が異なる場合は
 クレジットカード払い、銀行振込を
 ご指定ください。
◎お支払い方法については、
 ショッピングガイドをご覧ください。



Powered by おちゃのこネット