the sakeraku. | 青木良太の酒器

陶芸界の革命児と呼ばれる若手陶芸家・青木良太氏。年間約1500種類の釉薬の研究を通じて、金、銀、プラチナなどの通常陶芸では取り扱うことのない素材を使用し、今まで誰も見たことのない作品を産み出し続けています。
酒楽。で取り扱っている酒器は、シャープで繊細でありながら、赤ちゃんの肌のようにしっとりした口当たりの作品たちです。
ガラスやステンレス、プラスチックとも違う、陶器ならではの素材感で日本酒をお楽しみください。

青木良太氏について詳しくみる
青木良太氏の酒器たち
Bol Blanc 小鉢 S
赤ちゃんの肌のようにしっとりと滑らかな肌触り。

Bol Blanc 盃
優しい口当たりがお酒をまろやかな味わいに。

ピッチャー
白磁に金の縁取りが施されたピッチャー。シャープで、繊細、そして透き通るような美しさ。
肌触りは赤ちゃんの肌のようにしっとりと滑らか。口の部分にあるゴールドのラインがアクセントとなり、全体を引き締めてくれます。 ピッチャーとして使うだけでなく、花器として季節の花を生けたりと生活の中でより楽しむことが出来ます。

Pot de lait MILK ちろり
アラビア風ミルクのちろり。流れるようなラインにうっとりさせられてしまう造形美。優雅な時間をお楽しみください。
釉薬

SAKE utsuwa 小
つややかで彩りあざやかな作品たちは、一目で心奪われるような美しさに満ちています。 手作業のため、一つ一つ風合いが違って見えます。華やかな見た目からは金属製にも見えますが、手に取ってみると、しっとりと肌に吸いつく温かみに間違いなく陶器だと感じられます。
カラー:ゴールド・プラチナ・レッド・ブルー・ホワイト

SAKE utsuwa 大
つつややかで彩りあざやかな作品たちは、一目で心奪われるような美しさに満ちています。 しっとりと手に収まりやすく、ワイングラスのように香りが逃げません。華やかな見た目からは金属製にも見えますが、手に取ってみると、しっとりと肌に吸いつく温かみに間違いなく陶器だと感じられます。
カラー:ゴールド・プラチナ・レッド・ブルー・ホワイト









Powered by おちゃのこネット