the-kurajo_蔵元情報-吉田酒造

今から210余年前の1806年、上志比の庄で酒造りを始めました。永平寺テロワールで生産量を追わず、風土から来るおいしさを極めるために、手造りによる丁寧な酒造りを行っています。麹は全量手造り、米洗いも限定吸水、仕込みごとの個性を大切に、米と水の力を最大限にいかす郷酒は、「明日への力水」で「濃醇できれいなお酒」を目指してます。 そして、真摯に米作り、酒造りの進化に尽力します。 杜氏は、蔵元の次女 吉田真子さん。営業、製品、田圃担当は、蔵元の長女夫婦 吉田大貴さん、祥子さん。そして蔵人は永平寺町在住で、春から秋には一緒に米作り、冬には酒造りをしています。白龍は、お客様の笑顔のためにこれからも、米作り、酒造りをとことん追求していきます。
I started making sake at the Shoji River in 1806 before 210 years from now. We are doing polite sake making by handmade in order to make the deliciousness coming from the culture climate without pursuing production amount at Eiheiji Terroir. Rice wine which maximizes the power of rice and water, cherishes the whole amount of handmade koji, cherish washing also limits water absorption, cherishing the personality of each preparation, the "rich and beautiful sake" in "power to tomorrow" I am aiming. And we will make rice seriously and will devote ourselves to evolution of sake making. Masashi is Ms. Mako Yoshida, the second daughter of the brewery. Sales, product, and paddy field responsibility are the eldest daughter couple Kurumoto Yoshida, Shoko. And Kuran lives in Eiheiji Town, I make rice together from spring to autumn and I am making sake in winter. White Dragon will continue to pursue rice making and sake making in the future for our customers' smiles.
蔵元:吉田酒造株式会社
所在地: 〒910-1325 福井県吉田郡永平寺町北島7-22
TEL:0776-64-2015 FAX:0776-64-2932
center>




ホーム | ショッピングカート 特定商取引法表示 | ご利用案内
Powered by おちゃのこネット