the-kurajo_蔵元情報-旭日酒造

明治2年(1869年)に佐藤家6代目の嘉兵衛が酒造業を始めました。当時の銘柄は「白雪」。それが何故「十(じゅうじ)旭日」に改名されたのか。その理由は、明治40年に山陰地方巡行の大正天皇(当時は皇太子)に随行された、木戸孝正侍従長への献上酒が”天下一品の美酒なり”と賞賛され、「旭日」の揮毫を受けたことにはじまります。また七代目当主、文造が日蓮宗の霊場である能勢の妙見山を篤く信仰しており、妙見の紋章「矢筈十字」をお守りとして大切にしていました。この十字と旭日が合わさり、「十旭日」という銘柄が誕生し、今日まで大切に使用しております。 「十旭日」が代表銘柄の旭日酒造は、島根県出雲市にて、お酒を醸されています。蔵元の娘 寺田栄里子杜氏を中心に、ご主人、蔵人の人々が、がっちりとスクラムを組み、みごとなチームワークで酒を醸されます。 その酒質は、質実剛健とでもいうのか、中心を貫く凛々しい酸がその骨格を形成し、強く、およそ女性杜氏が醸しているような趣はありません。これは使用する水が超硬水であることも起因するのかもしれませんが、とても安心できる酒質です。
In 1869, Kaei, the sixth generation of the Sato family, started the brewing business. The brand at that time was "white snow." Why was it renamed to "Ten Juji Asahi"? The reason is that in the Meiji 40 year the Meiji era emperor Taisho (Prince Crown Prince of Japan) was accompanied by Takamasa Kido Tamashita Chief of the Chamber of District Courtesy offered "a sake of the taste of the best" was admired, It starts with receiving. In addition, the seventh generation owner, Bungei faithfully believed in Nomi mountain mountain which is the sanctuary of Nichiren Buddhism, cherished the emblem of Myomi "Yaginare Cross" as an amulet. This cross and the Asahi day combine, the brand name "Ten-Asahi" is born, we use carefully until today. "Asahi Sun" is the representative brand of Asahi Shuzo is drunk in Izumo City, Shimane prefecture. Masters of Kuramoto, Eriko Terada, the master of Kuran, who plays a solid scrum, and is drunk with amazing teamwork. Whether the alcoholic be called qualityfulness or health, a brilliant acid that goes through the center forms its skeleton, it is strong, and there is no taste like that female Du brews about. This may be due to the fact that the water used is super hard water, but it is quiet quality alcoholic beverage.
蔵元:旭日酒造有限会社
所在地: 〒693-0001 島根県出雲市今市町662
TEL:0853-21-0039 FAX:0853-21-3216




ホーム | ショッピングカート 特定商取引法表示 | ご利用案内
Powered by おちゃのこネット