the sakeraku. | 蔵女について | No.15 小野裕美 氏

南部杜氏とは日本酒を造る代表的な杜氏集団の一つです。岩手南部の地が杜氏の里として栄え始めたのは江戸初期、1678年(延宝6年)。祖・井村権兵衛が今の紫波町志和地区で酒造りをはじめた頃からであり、近江商人であった権兵衛が大阪三池より池田流の『すみ酒』の醸造技術を持ち込んでからの歴史です。日本酒の醸造技術が南部領内に広まり新たな南部流、南部杜氏の基礎が築き上げられました。

紫波町にある水分(みずわけ)神社。神社境内からは良質な水が湧きだしています。この水系の水は、廣田のお酒を造るのに欠かせない水です。 くせがなくやわらかい、やさしい水なので搾りたての新酒もギズギズすることなく、スッキリした味わいになります。

米どころの酒蔵として、岩手の風土や水にあう岩手県産米を使用しています。やわらかく、旨みのしっかりとした味が特徴のお米です。また、蔵の裏には廣田酒造店の田んぼで、岩手の酒造好適米『結の香』を育てています。

廣田酒造店では、全ての酒を「酸基醴酛」で醸しています。米の旨味やいい水の味わいをしっかり引き出すための古くて新しい製法です。 高温の仕込み水で糖化した蒸米にそれぞれの酒の個性(米の品種・磨きの度合い)に合わせ選抜した乳酸菌を添加し酒母を立てます。 それによって、それぞれの「米の味わい」が変わっていくのです。

小野裕美氏は南部杜氏初の女性杜氏。「いつものお食事と共に楽しめるお酒。食事もお酒もついつい進む、楽しかったと言ってもらえるお酒造りをしていきたい」という想いを抱きながら造っています。




戻る