the-kuramoto_蔵元情報-岩村

岐阜の銘水(恵那 霧ヶ井・龍神の井)
日本三大山城の一つ岩村城の山頂に、名水霧ヶ井と龍神の井があります。この城は今から800年余り前、源頼朝の重臣加藤景廉がこの地に城を創築したことに始まり、明治まで連綿と城主が続いた全国的にも珍しい城です。山頂の本丸跡は海抜717mの高地にあり、現在も1,700mにも及ぶ石垣や石塁が残り、往時を偲ぶことができます。この城の中には17もの井戸があり、中でも最大の井戸が龍神の井です。また、城の別名に由来する伝説を持つ重要な井戸が霧ヶ井で、井戸の中に城主秘蔵の蛇骨を投げ込むと霧がいずことなく湧き出て、城の全山を覆い隠したといわれています。しかも、山頂にありながら、今日に至るまで井戸水が涸れることはなく、岩村城の七不思議の一つとなっています。
(岐阜県公式ホームページ:霧ヶ井・龍神の井より引用)

Famous water of Gifu.
(Ena Kirigai,Ryujin-no-i)
One of the three major mountain castles in Japan, there is a well of famous water "Kirigai and Ryujin-on-i" the summit of Iwamura Castle. This castle is 800 years ago, and it is a rare castle that started from the fact that Shigeru "Kagekado Kato" of "Minamoto Yoritomo" built the castle and continued to the Meiji period. There are 17 wells in this castle, the largest of which is "Ryuden-no-i". The legendary and important well is "Kirigai", and it is said that if you throw the bones of the snake's treasure into the well, the fog will pop out and cover the entire castle mountain. Despite being in the mountains, well water never overflows, making it one of Iwamura Castle's seven wonders.
『玲瓏馥郁(れいろうふくいく)』というのは、透き通るように美しく輝き、良い香りが漂うという意味で、この言葉を信条に酒造りをしています。酒造りにおいて大切なのは水。当社では約400年前に掘られた2本ある井戸から天然水(岐阜県名水50選)を汲み上げ、使用しております。この木曽川水系の天然水(井戸水)を仕込み水に使用し、水道水は一切使用しておりません。ここ岩村町はたいへん水に恵まれている土地で、岩盤になっている地下層には絶え間なく清冽な水が流れています。酒造りの時期には、井戸水が空になってしまうこともありますが、3時間もすれば、元通りの量が湧き上がってくるほどです。また、この天然水は酒造りに最も適した軟水で、杜氏の高い技術とこの水質の良さが、できた酒に絶妙な味を醸し出すのです。

Meaning of “玲瓏馥郁(reihoufukuiku)”is shine like transparent, and drifting smell good. Doing this in the belief.Water is important thing in brewing. Pumped the natural water from two a well dug in about 400 years ago, we have used.This natural water used for the charged water, tap water is not used at all. Land Iwamura town is blessed with very water. In the basement layer that is a bedrock has flows incessantly clean water. The time of brewing, it may well water is empty, but if you after 3 hours, will be restored. In addition, in the most appropriate water to the natural water is brewing, high technology and good quality of the water quality of the master brewer will exudes exquisite taste in sake.
二百年の歴史のある蔵元
熟練した杜氏(とうじ=酒造りの職人)の手作業で造り 、原料米は全て生産者のわかる地元・岐阜県産米を使用。仕込水は水道水は一切使用せず、天然水(岐阜県名水50選の地下水)を使用しています。蔵の創業は天明7年(1787年)と伝えられており、当時は岩村藩御用達の運送業を本業とし、酒造業は副業でした。明治になり岩村藩が消滅したことで酒造りが本業となり、その後大正10年に株式会社を設立、同時に味噌、しょうゆ、みりん、焼酎なども造るようになりました。しかし、戦後からは日本酒の専業メーカーとして日本酒を造っています。

岩村町は積雪量こそ少ないものの、1~2月は大変冷え込み、井戸水を出すと湯気が立ち昇るほど寒い、-15℃を下回る日が何日も続きます。夏でも酒蔵の温度は20℃以下と、日本酒造りと吟醸酒の貯蔵には最適の環境にあります。このような恵まれた環境の下でも、できるお酒の味は毎年違います。

A brewery with a history of 200 years.
TSkilled “toji”(toji=Sake making craftsman) Made by hand, we are using the local Gifu Rice, which the producers can see. Do not use tap water at all, we are using natural water (groundwater of 50 water of Gifu Prefecture). The brewery was founded in 1787 and at that time was the trucking business of the Iwamura clan, and the brewing industry was on the sideline. In the Meiji era, the disappearance of the Iwamura clan became the main occupation of liquor, established a corporation in Taisho 10, at the same time, miso, soy sauce, mirin, shochu, etc. were also built. However, after the war, I have made sake as a specialized manufacturer of Japanese sake.

Although the amount of snow is small in Iwamura town, in January and February, it is very cold and the steam rises when the water is put out well -15 days below ℃ will continue for days. Even in the summer, the brewery's temperature is ℃ below 20, making it the perfect environment for Japan liquor and sake storage. Even under such a privileged environment, the taste of sake to be different every year.

蔵元:岩村醸造株式会社
所在地:〒509-7403
岐阜県恵那市岩村町342番地



ホーム | ショッピングカート 特定商取引法表示 | ご利用案内
Powered by おちゃのこネット